悪質・詐欺的な探偵社・興信所を見分ける方法

悪質な探偵社を見分ける方法

最近では『探偵の探偵』という北川景子さん主演のドラマが放送されたように

 

「悪徳探偵」

 

という言葉も一般的になっています。(残念な事ですが)

 

当サイトに訪問してくださった方には、出来るだけ良い探偵社に依頼し、出来るだけ望む結果を得て欲しいという考えがありますので、

 

「悪い探偵の見分け方」

 

に関してもお話しておく必要があります。

 

 

探偵社に寄せられた苦情

一言に悪徳探偵といっても様々なタイプが有りますが、実際に探偵社に寄せられた苦情としては

  • 調査を依頼したが、料金だけ払って何の連絡もない
  • 調査を依頼したが、結果が出ないまま調査が打ち切られた
  • 間違った内容の調査報告を受けた
  • 多額の料金を払ったのに、報告書すらくれない
  • 依頼した内容と違う事に対しての結果を送ってきた
  • 尾行調査で、本人が家を出たのに、ずっと家にいたと言い張っている
  • 探偵社に嫌がらせをされて、金銭を要求された
  • 不正な調査料金を支払うよう取り立てに来る

 

などなど、正直言って枚挙に暇がありません。

 

そこで、良い探偵だけを選び悪質な探偵を見抜くためのチェックポイントを以下に示します。

 

 

悪質な探偵を見破るチェックポイント

探偵業法の届け出がなされているか(最重要)

開業に必要な探偵業法の届け出を行っているかどうかをチェックします。

 

ハッキリ言いますが、これをやってない業者は一発アウトです。絶対に契約してはいけません。

 

探偵業届出証明書は、事務所の目立つところに掲示することを義務付けられていますので、事務所に行った際に確認しておくと良いでしょう。

 

また、多くの探偵社ではホームページに番号付きで掲載されています。

 

 

契約書類を交わしているか(最重要)

依頼することが決まった際に契約書や重要事項説明書など、必要な書面を交わしているかのチェックです。

 

口約束だったり、そもそも契約書を書かない事務所などは論外です。

 

これも絶対に契約してはいけません。

 

 

電話でおおまかな依頼料を教えてくれるかどうか(重要)

探偵への依頼料はこれといった決まりがなく、内容や状況によって大きく異なるので、料金は詳しい面談・打ち合わせ時に正確なものを提示されることがほとんどです。

 

ただ、よほど特殊な依頼でない限り、人探しや浮気調査などの大まかな費用くらいは多くの探偵社が電話口でも答えてくれるはずです。

 

ここで頑なに依頼料を言わない場合は割高である可能性が非常に高いと考えられます。

 

 

面談や契約を強引に迫ってこないか(重要)

上の延長線上で、依頼料は頑固に教えてくれないのにやたらと面談を迫ってくる探偵社も注意して下さい。

 

その面談で強引に契約を迫ってくる場合もあります。(「今スグ」「この場で」「手遅れになる」など煽ってくる)

 

探偵の依頼料は安くありませんので、1日くらいじっくり考える時間があっても良いはずです。

 

あまりにも面談や契約を迫ってくるところは、営業だけは熱心で肝心の調査がおろそかになっているケースも多いです。

 

 

事務所に来るのを強く拒んでいないいか

こちらの記事でも書きましたが、面談時はなるべく相手の事務所で行うのが大事です。

 

ただ、お住まいや状況によっては喫茶店や飲食店で行うこともありますが、こちらが事務所面談を希望しているのに強く拒否するような探偵社は疑った方が良いでしょう。

 

たとえば、一般公開している会社の所在地がでたらめで、事務所の所在地を隠している場合もあります。これは昔から使われている典型的なボッタクリの手口です。

 

また、会社が小さかったり自宅兼用で事務所を構えているようなところも存在します。

 

ボッタクリはともかく、会社規模が小さな探偵社がすべて悪質とは限りませんが、どのみち事務所に来ることに強い拒否反応がある場合は注意したほうが良いでしょう。

 

 

調査の失敗を正直に言うかどうか

「一度も尾行に失敗したことがありません!」
「創業以来、成功率は100%です!」

 

のように失敗がないと言い張る探偵社もいます。

 

信じたい気持ちは分かりますが、残念ながらこれは100%嘘、もしくは1件だけ依頼があって1件成功したとかを大げさに言っているだけです。

 

「どんなに優秀な探偵でも、尾行や調査に失敗したことがない人はいない」

 

と、探偵・探偵OBが口をそろえて言っています。

 

誠実でない事を言う探偵社は少し信頼性に欠けると私なら判断します。

 

 

 

以上、悪質な探偵社を見分けるチェックポイントでした。

質の低い探偵社や興信所であれば、上記のチェックポイントのどれか(または複数)に当てはまっている可能性が非常に高いので、変なところに引っかからない予防線にはなると思います。

 

もちろん最終的には電話や面談を担当した人にも左右されますが、上のポイントさえ最低限守れば、何も知らずに悪徳探偵にカモられることはないはずです。

 

人生の大きな問題を解決するための依頼ですから、誠実で、腕が良く、安心できる探偵社を選びたいものです。

あなたの希望は?


トップページ 条件別おすすめ 探偵の基礎知識 探偵の選び方 よくある質問