探偵って誰でもなれるの?免許や資格、届け出は必要?

探偵に免許や資格は必要?

実はつい数年前まで、探偵は文字通り「誰でも」なれました。

2007年の6月までは特に規制もなく、行政機関に

「これから探偵事務所を開きますよ」

という届けですら不要な状況でした。


しかし全く規制のない探偵業はトラブルも年々増加していて、それを何とかするために2007年の6月1日に

「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」

が施行されました。

この法律によって

・公安委員会への届け出が必要になった
・「探偵業届出証明書」を、営業所の見やすい場所に掲示する義務が出てきた
・暴力団関係者や、過去5年間、探偵業違反を犯した者は探偵業を認められなくなった

という規制が敷かれました。

一言で言うと、ルールができて業界の適正化が行われたということです。


(ちなみに探偵になることに興味がある方は、HAL探偵学校などのスクールを参考にされると良いと思います)


ちゃんとした探偵かどうかを見るとき、一点だけ覚えておくと良いのが

「探偵業届出証明書」が依頼する事務所にあるかどうかをチェックする

という事です。

これは国家資格等ではありませんが、最低限の決まりを守っていて、過去5年間に業務停止などのトラブルがなかったことをある程度は示すものです。

逆に言えば「探偵業届出証明書」が無い、もしくは頑なに見せないところは、危険な探偵社だと判断した方が良いです。

事務所に来ることを強く拒否するような探偵も、何かウラを隠している場合が多いので注意が必要なことは覚えておいて損はないでしょう。



じゃあ免許や資格はないの?

探偵の免許や資格はありません。

上記の「探偵業法」によって届け出などは必要になりましたが、医者や弁護士のような国家資格、免許などは探偵には存在しません。

現在、探偵になるルートとしては

・民間の探偵学校に入学する
・直接探偵社に就職する

のどちらかの場合がほとんどです。

ただ、繰り返しになりますが免許や資格は無いので、極端な話をすれば

「今日から俺は探偵だ!」

と決めれば、後は届け出をすれば探偵になれるのです。

なので正直な話、調査力や知識のない探偵もかなり多いとは聞いています。

(良い・悪い探偵を見極めるポイントや選び方は当サイトで解説しています)


まとめると、

・探偵は届け出さえすれば、過去に法を犯してない限りは誰でもなれる。
・誰でもなれるからこそ、依頼する私たちは注意して探偵を選ぶ必要がある
・最低でも「探偵業届出証明書」があるかどうかはチェックしよう

という事でした。

あなたの希望は?


トップページ 条件別おすすめ 探偵の基礎知識 探偵の選び方 よくある質問