探偵への依頼後に注意するポイントは?探偵に協力する方法

探偵に依頼した後は…

探偵に依頼をした後、つまり調査契約を交わした後は、依頼者は報告を待つことになります。

 

(問い合わせ〜調査完了までの全体の流れに関しては

 

→実際に依頼した時の流れは?

 

を参照して下さい)

 

報告が来るまではある程度の日数がかかるのですが、ここで非常に大事なのは、

 

探偵との契約が決まったのであれば、絶対に調査対象者(ターゲット)にそのことを気付かれてはいけない

 

という事です。(浮気調査の場合)

 

例えば、どんなに確信が出たとしても

 

「浮気してるでしょ!」

 

など、調査の途中で浮気を問い詰めるなどは絶対NGです。

 

少しでも浮気が疑われている事に気付けば相手も警戒しますし、メールや写真などの証拠も隠されてしまう可能性も高まってしまいます。

 

探偵の張り込みや尾行の難易度も上がってしまい、調査に失敗・空振りになってしまう危険も大きいでしょう。

 

焦る気持ちは分かりますが、調査が終わって証拠が確定するまではじっと我慢し、いつもどおり振る舞うことが結果として一番良いのです。

 

 

突然態度を変えない

また、依頼者の中には探偵に協力しようとして、

 

  • 帰宅時間などの予定を詳しく聞き出そうとする
  • 行き先をやたら質問する

 

など、いつもは相手の行動に関心がないのに突然態度を変えるような「怪しい」行動をとってしまう方も多いです。

 

これらも当然、相手に疑われる原因になってしまいます。

 

せっかく探偵に頼んだのですから基本的には彼らに任せて、変に疑われて探偵の努力を無駄にしないように注意したいものです。

結果が出た後は…

浮気調査であれば、調査結果が出た後で、その結果を元に今後のことを考えなければいけません。

 

今後の収入や子供のこともあると思いますし、必ずしも離婚することが最善だとは限らないからです。

 

もし、これを見てくださっているあなたがまだ探偵に依頼する前なのであれば、

 

  1. 離婚して慰謝料を請求する
  2. 復縁・関係修復をする

 

の方向性をどちらにするかだけは決めておくことを強くおすすめします。

 

夫婦関係専門のカウンセラーや、離婚に強い弁護士を紹介できる探偵事務所もありますので、彼らの力を借りる事も考慮に入れておくと良いと思います。

あなたの希望は?


トップページ 条件別おすすめ 探偵の基礎知識 探偵の選び方 よくある質問