探偵に身辺調査を依頼したいが浮気の慰謝料っていくら位なの?

探偵に浮気調査を依頼したいが、慰謝料ってどれくらい取れるの?

浮気調査で相手が浮気してる決定的な証拠が出た時、慰謝料ってどれくらい取れるの?

相手の年収や状況によって変わってきます

 

 

浮気による離婚の慰謝料

ご存知だと思いますが、夫婦の離婚に関しては、お互いの合意または

 

法律で定められた『不貞行為』

 

などがあったり、その他婚姻を続けられなくなるような重大な事由が必要です。

 

逆に言えば、離婚したいからといって一方的に離婚することはできません。

 

ですから、相手が浮気している場合はその事実(不貞行為)を理由に離婚を求める訳です。

 

 

さて、こういった『相手の不貞行為』による離婚ですが、普通のサラリーマンを相手にした場合、浮気による慰謝料は

 

300万円

 

というのが一つの目安になります。

 

裁判で慰謝料の請求が認められた場合、相手の給料を差し押さえて強制的に支払わせる事が可能です。

 

ただし、相手が支払うべきお金を持っていない場合は、裁判に勝ったとしても当然慰謝料を取ることはできません。

 

このように、離婚・裁判前提で探偵に依頼する場合は、相手の現在の年収や経済状況を分かっておくと

 

「せっかく探偵に依頼して証拠も取れたのに、調査費の方が高かった」
「相手がお金を持ってなくてそもそも慰謝料が取れなかった」

 

という事態に陥らなくて済みます。

 

 

慰謝料は「根拠」が必要

ただしいきなり

 

「浮気したから慰謝料請求します。はい300万」

 

と請求できる訳ではありません。

 

慰謝料を求めるには、その根拠が必要になります。

 

一例ですが、

 

  • 探偵に30万の調査費
  • 浮気による精神的なストレスから通院(タクシー代3,000円、投薬1,500円、通院1回1,000円、これが週2回)×何ヶ月

 

だからトータル◯◯円など、具体的な金額の理由が大事になってきます。

 

もちろん専門的な話は、浮気の証拠が取れた後に弁護士さんと話し合うことになりますが、ここでは、

 

いきなり理由もなく慰謝料を請求することはできない

 

ことは覚えておいて下さい。

 

 

 

その他慰謝料について

最初にも書いたのですが、夫婦の状況や相手の年収によって取れる慰謝料というのは大きく変わってきます。

 

年収300万の夫婦と、年収2000万の夫婦では当然大きく異なってきます。

 

また、結婚年数によっても取れる金額は変わります。

 

やはり目安は先程のように「300万円」が一般的ですし、多くは50万〜400万の間に収まるそうです。

 

 

 

慰謝料を前提で考えておられる場合

こちらの記事もおすすめです。

 

→浮気調査後に高い慰謝料を取りたい方へ

あなたの希望は?


トップページ 条件別おすすめ 探偵の基礎知識 探偵の選び方 よくある質問